メダイとコルベ神父・




聖マキシミリアノ・マリア・コルベ神父
(コンベンツアル聖フランシスコ修道会 司祭)


 コルベ神父は数名のポーランド人修道士達と共に1930(昭和5)年4月24日、
長崎に上陸し大浦天主堂の近くの古い借家に住みました。
同年5月24日、全く日本語の分からないコルベ神父達は
日本活字による「聖母の騎士」第1号を1万部発行しました。
そののち、町はずれの本河内山の険しい山の斜面に聖母の騎士修道院とルルドを開き、
聖母の騎士誌の発行と布教活動に専念しました。
 

コルベ神父は1936(昭和11)年5月に会議のため故国ポーランドへ帰国しましたが、
やがて第2次世界大戦が勃発し、神父であるという事とナチスに協力的でないという理由で
ナチス軍に捕らえられ、アウシュヴィッツ強制収容所へ入れられました。

元来体の弱いコルベ神父は決められた強制労働にも従事し、また収容者たちの相談役として
また収容所内で死者がでるとお祈りを捧げ、人々に希望を与え続ける存在でした。

ある日のこと厳しい収容所生活から脱走をした囚人が居ました。収容所内の規則で1人の
脱走者が出ると残った者の中から10人の死刑を執行するとの決まりがありました。
収容所内で無作為に10人が選ばれ死刑の中でも最も悲惨な刑、餓死刑が宣告されました。
コルベ神父は幸いその10人の中には選ばれて居ませんでした。

餓死刑を宣告された10人の罪のない囚人が地下の餓死室へ歩き出したその時
列の後方に居た1人の男が叫びました「私には妻も子供も居る!死ぬのは嫌だ!」
その時ある男が身代わりに死ぬ事を申し出たのです。


「私はカトリック神父です。私をその人の身代わりにして下さい」
その男とはコルベ神父でした。

地下の餓死室に全裸で入れられた10人は1滴の水さえ与えられる事無く次々に
死んで行きました。14日後最後まで生き残ったコルベ神父は毒薬の注射を受け
亡くなりました。そのときのコルベ神父はまるで死ぬことを喜んで望むような穏やかな表情で
自ら腕を差し出し、注射を受けたと、当時の担当者が証言しています。
コルベ神父は1941(昭和16)年8月14日、愛のために生命を捧げ、亡くなりました。



長崎聖母の騎士(本河内カトリック教会)へいらして下さい
ローマ法王 ヨハネ・パウロU世もご訪問なさいました

 

長崎聖母の騎士の聖コルベ小聖堂。聖コルベの聖遺物として遺髪があります。

〜聖コルベ資料館〜
資料館には聖コルベの居室再現や実際に聖人が使用した机、祭服を初めとする
数々の貴重な資料が展示されております。
また、ゼノ修道士、蟻の街のマリア北原女史に関するコーナーもあります。

(聖コルベ資料館には法王様ご来日時に使用されたミサ典礼書、お帽子、
ロザリオ等パパ様に関係する資料も豊富に展示されております)

別棟の売店では不思議のメダイや書籍、宗教用品も販売されています。

●売店で販売されているロザリオを是非お求め下さい●
聖母の騎士で販売されているロザリオは一つ一つ手編みされたロザリオです。
極めて丈夫で使い易く修道士さん達の手造りの珍しいロザリオです。
私は20年前に購入した聖母の騎士のロザリオを今も使用しています。
カタログ等はございませんが通信での販売にも応じて頂けるようです。
詳細は聖母の騎士までお問い合わせ下さい。



永井博士も飲用していたコルベ神父が開いたルルドもございます。
また毎年コルベ神父の記念日(8月14日)には特別ミサもございますのでご参加下さい。


コルベ神父が創刊した聖母の騎士誌は現在でも発行されております。
    
 コルベ神父は1982(昭和57)年10月10日バチカンにおいて、
ローマ法王ヨハネ・パウロ二世によりカトリック聖人にあげられました。

コルベ神父は出会う人すべてに名刺代わりに不思議のメダイを配布して
不思議のメダイを広めました。
 



TOPへ戻る










inserted by FC2 system