不思議のメダイとは・・・その1


Medaille Miraculeuse


表と裏のデザイン





★メダイの由来
1830年7月18日から19日にかけての夜のフランス・パリ市内のバック通りの
聖ビンセンシオ・ア・パウロの愛徳姉妹会本部修道院での出来事でした・・・・・


聖母は当時聖ヴィンセンシオ・ア・パウロの愛徳姉妹会の修練女カタリナ・ラブレにお現れにな
りました。夜半の11時半、カタリナは3度続けて自分の名前を呼ぶ声に目を覚ましました。

声のする方を見ると、一人の幼い子どもが立っていました。白い衣をまとい、金髪で全身から
光を発し周囲を照らしているではありませんか。
子どもは「いらっしゃい、聖堂にいらっしゃい。マリア様が待っておられます」と云いました。

カタリナは他のシスター達が目を覚まさないかと内心考えましたが、子どもはそれに答えるよう
に「恐れる事はありません。今は皆、眠っています。さあいっしょにまいりましょう」と云いまし
た。カタリナは急いで用意し、子どものあとについて行きました。

驚いた事に聖堂までの廊下などいたるところに灯りが輝いていました。
さらに驚いたことには、聖堂の重い扉は子どもが軽く指で触れるだけで開きました。聖堂内も
明るく、カタリナの言葉をかりて云えば、夜半のミサを思わせる程でした。
カタリナは祭壇近くまで進み、ひざまずいて祈りました。しばらくすると子どもは告げました。
「聖母がおいでになりました。あそこに」と。その時、祭壇の右手の方に衣ずれのような軽い音
がはっきりと聞こえ、非常に美しい婦人が祭壇の前においでになり、椅子に腰かけられまし
た。カタリナはその方の足もとに進み、膝の上に両手を合わせてのせました。



「一生涯でこれほど甘美な気持ちを味わったことはありません」
「どのくらいおそばにいたかはわかりませんが、ただ知っている事は、ずいぶん長い間お話を
なさってから影のように見えなくなったことです。子どもはもとのところにいて『聖母はもうお帰り
になりました』と云い、また案内されて寝室に戻りました。この子どもは守護の天使であったに
違いありません。ベットに戻ると時計が午前2時を打つのを聞きました。
それから私は少しも眠ることができませんでした」とカタリナは云っています。

その夜、聖母はいくつかの事についてお告げになりましたが、特に聖櫃の方を指差して
「この祭壇のもとにいらっしゃい。ここで多くの恵みが与えられます」とおっしゃいました。

11月27日の夕方の黙想(お祈り)の間に、カタリナは再び聖母のご出現を受けました。
同じ聖堂で地球の上に立った姿の聖母は、それより小さい地球を胸の高さに両手で持って祈
りつつ、それを主にお捧げになっているように見えました。やがて聖母が両手をひろげて降ろさ
れると、その御手から輝く光線が放たれ、聖母はカタリナに「これは私に願う人々にそそが
れる恵みのしるしです」とおっしゃいました。
 
これは有力な恵みの取次ぎ者であるマリアさまの
お姿です。そして聖母の周囲に楕円形のしるしが示され「無原罪の聖マリア、あなたにより頼
むわたしたちのために祈って下さい」という祈りの言葉がそのまわりに見えました。
 
それはメダイの表に見られるお姿でした。聖母は「このモデルにしたがって、1つのメダイを作
らせなさい。信頼をもってそれを身につける人は大きな恵みを受けるでしょう」とおっしゃいまし
た。そして急にメダイが裏返ったかのように見えると、下部に横木のついた十字架をのせたM
という字が見えました。またMの下に2つの心臓が見え、ひとつは茨に囲まれたイエスの御心、
もうひとつは剣で貫かれたマリアの御心が見えました。
      

     
ご出現があって2年目にパリ大司教の認可のもとにつくられたメダイは全世界に驚くべき
勢いで伝わり、数え切れない恵み、不思議な奇跡、特に回心の恵みの元となり、人々は
「不思議のメダイ」と呼ぶようになりました。

次項へすすむ



戻る
戻る





inserted by FC2 system